ボーイッシュ派のちょい甘入門♥ ピンクの取り入れ方

この春注目のピンクは、ボーイッシュ派のmini読者も無視できない重要トレンド! 現在発売中の「mini(ミニ)」5月号では、甘くなりすぎない上手なピンクの取り入れ方を掲載しています。ニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」では、ピンク初心者さんでもチャレンジしやすいダスティピンクのアイテムと、今っぽい着こなし方をご紹介します♪
P078-079_ピンク_校了_03

LESSON2:ピンク初心者さんはダスティピンクからチャレンジ
「ピンクはキャラじゃない」って遠慮しがちな子は、甘さをおさえたダスティピンクがおすすめ。

大人シルエットなワイドパンツに合わせれば、ピンクのベストもクールに着られる。

ロンT×サロペの定番コーデが、ピンクの投入で一気にブラッシュアップされる!

クリーンな白にピンクが映える! カジュアルな中にでもほんのり甘さを。

  • 1枚でトレンド感アップ。ゆとりのある薄手のニットだから、体のラインがキレイに見える。
  • ボーイッシュに仕上げて。
  • 軽やかなシースルーのロングシャツ。シンプルコーデにはおりたい。
  • てろっと素材のスカジャンも、ダスティピンクなら大人っぽく着られる。
  • パンツの裾からボーダー柄をちらっと見せて。もちろんスニーカー&スポサンとも好相性♪
  • 足元をほんのり甘く、今っぽくシフトさせて。

P078-079_ピンク_校了_02

LESSON3:今っぽ可愛いピンク×カラーの組み合わせ
ピンクと相性のいいカラーを合わせて、より可愛く、よりポップに着こなしましょ♪

×黒
ビビッドピンクには、ALL黒が失敗なし。上手な肌見せとヌケ感で重さをやわらげれば、おしゃれ度ランクアップ!

×カーキ
クールなミリタリーパンツにシュガーピンクで甘さをプラス。ほどよいMIX感のある、最旬スタイルが完成♥

×ネイビー
スポーティなネイビーパーカこそ、ピンクスカートがお似合い。真っ白スニーカーで春らしいライトな足元に。

×白
ワントーンコーデに映えるPOPなピンクが可愛い♥ 異素材同士の組み合わせでコーデにメリハリをつけて。

撮影/尾身沙紀[io](モデル)、米玉利朋子[G.P.FLAG](商品) 
スタイリング/伊東牧子 
ヘアメイク/河嶋 希[io] 
モデル/野崎智子

詳しい情報は76ページからの「ボーイッシュ派のちょい甘入門 春だもの、ピンクを召しませ♥」にてご確認ください。

「mini」5月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読