[おしゃれ手帖 5月号発売]吉田羊 ロケ先でも冷えとりのレッグウォーマーは欠かせない!

150DPI

本日は「大人のおしゃれ手帖」5月号の発売日です! 表紙を飾るのは吉田羊さん。

フォトシューティングでは、マニッシュな印象のシャツやパンツ纏い、リラックス感のある春のコーディネイトを披露してくれました。

インタビューページでは、まわりから『冷え取り教祖』と呼ばれる吉田さんのこだわりの冷え取り対策や、休暇をとったら行ってみたいと思う場所についてお聞きしました。ニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」では、その一部をご紹介します。

P020-021_COVERLADY_144dpi

-ロケに行くときの洋服はどんなものを持っていきますか? 荷物を減らす工夫などは?
「スーツケースに必ず入れるのは、レッグウォーマー。ホテルの部屋が寒いこともありますし、行った先で冷やさないように。洋服は、私の場合、ボトムはロングのワイドパンツのようなものが多くて嵩張るんです。だから、ボトムは2日間着まわして、トップスは毎日替える、というコーディネートにします。とはいっても、ドラマや映画の撮影の場合は、ほとんど一日中衣装で過ごすんですよね。私服を着るのはごはんのときくらい。夜ごはん用に綺麗な服? 持っていかないですよ〜(笑)。ドレスアップしていくようなお店には行かないですし、旅先で行くなら、地元で30年やっているんですよ、みたいなお店のほうに行きたいので」

-今、旅に出られるとしたら、行きたいのは島だそう。
「15年ほど前にダイビングのライセンスを取ったんですけど、ほとんど潜りに行けていないので、ダイビングをしに。海外なら、イタリアのランペドゥーサ島。海の透明度が高くて船が宙に浮いているように見えるというところです」

そのほかにも、旅先で出会ったお気に入りのアンティーク品や骨董品のことなど旅にまつわるエピソードをたっぷりと語っていただきました。つづきは本誌でご確認ください。

誌面特集は「旅するようにおしゃれして」「器、お酒、おいしいもの 何度も訪れたい 金沢・加賀」「よりよい旅にはこのバッグ、このグッズ!」などさまざまな情報をお届けします!

furoku01

5月号は「プレインピープル 何でも入る魔法のコッコ柄バッグ」と、別冊「近澤愛沙の世界一痛い 『足もみ』健康法」の豪華2大付録です。
なかでもイチオシの「プレインピープル 何でも入る魔法のコッコ柄バッグ」は、愛らしいコッコちゃんプリントとネイビーのツートンカラーがモダンでおしゃれ。旅行のときにインナーケースとして使ったり、お家でリネン類などを入れて収納ケースとして使ったりとさまざまなシーンで活躍間違いありません! ぜひ、手にとってみてくださいね♪

※総柄生地のため、柄の位置は画像と異なります

【インタビューページ】
photograph: EmikoTennichi
styling: Minako Kogure
hair&make-up: Yoko Yoshikawa
text: Mika Miyoshi

「大人のおしゃれ手帖」5月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読