次世代コミュニケーションツール、「NuRIE」に業界が注目!

根強い人気が続いている大人のぬり絵。フランスから上陸したコロリアージュと呼ばれる、アート作品のような、大人向けのぬり絵がきっかけとなり大ヒット。ストレス解消や脳の活性化につながるというテレビ報道にも後押しされて、長いブームが続いているようです。

そんなコロリアージュ大人のぬり絵とは一線を画すのが、今回のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」で紹介する「NuRIE(ヌーリエ)」です。

その名の通り、ぬり絵が楽しめるアート作品の「NuRIE」。これまでに発行されてきたぬり絵とは異なる、大きな特徴が2つあります。
まず1つめは、超大判の紙に描かれていること。A0サイズ(約118.9cm×約84.1cm)という広々としたスペースに絵が広がっているため、家族や友だちと一緒に取り組むことが可能です。一人でしっとり楽しむという大人のぬり絵のイメージとは異なり、大勢で賑やかに楽しめます。
2つめは絵にストーリーなどの情報が織り込まれているところ。例えば、こちらのページをご覧ください。

img_41de8237d1f472b912e5d137d8b9c998623128

こちらは2月20日(土)に発売された「NuRIE」初のファンブック「FUN! FUN! NuRIE」に特別付録として収録されているお試し版の中の1枚。B2サイズぬり絵「SEKAI CHEEZE」の解説ページです。見づらいかもしれませんが、絵に盛り込まれた各国の名所が説明されています。こういうヒントがあれば、自然とぬり絵に取り組む人たちの間で会話も弾むはずです。
複数人で取り組めて、会話ができる「NuRIE」は、コミュニケーションツールとしての役割も果たしてくれるのです。

h1

この日本一大きなぬり絵商材「NuRIE」は、2014年3月の発売以来、大好評。ファンからの期待に応える形で次々と続編が出され、現在7作品が発売されています。
満を持して出版されたファンブック「FUN! FUN! NuRIE」には、特別付録「おためし版ぬり絵」を2枚収録。ほかに「NuRIE」を描いたスイミーデザインラボの吉永卓さんへのインタビューや、他の人の作品がのぞける「みんなのNuRIE、見せて!」など充実の内容にしあがっています。

国内外で評判のぬり絵に迫った「FUN! FUN! NuRIE」は、出版業界でも大注目。「『おすすめ本』紹介サイト」HONZでも、「自分を表現し他社を受け入れる 『FUN! FUN! NuRIE ~みんなで楽しむ大きなぬり絵の本』」として吉村博光さんによる書評が寄せられています。子どもの可能性を広げるアート作品、「NuRIE」の魅力を掘り下げたこちらの記事も、あわせて是非ご覧ください!

 

「FUN! FUN! NuRIE」

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読