料理人・山本千織が教える、とっておきのお花見弁当

今年もいよいよお花見の季節が近づいてました。春の陽気のもとで親しい人たちとおいしいごはんをつまむひとときは、この時期だけの最高の贅沢。現在発売中の「大人のおしゃれ手帖(おとなのおしゃれてちょう)」 4月号では、東京・代々木上原で弁当店「chioben」を経営する料理人・山本千織さんが教えてくれたお花見にぴったりなお弁当のレシピを掲載。季節感のある野菜やフルーツ、桜の花を使ったレシピは見た目にも色鮮やかで、食欲をそそります。気負わずに手軽なステップで作れるのも魅力的。「treasures(トレジャーズ)」ではその一部をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

P122-123_第8特集_チヨベンさんのお花見弁当_144dpi

山本千織さん
料理人。chioben主宰。季節の彩りに満ちたお弁当やケータリングは、食べる人の心をつかみます。著書に『チオベン 見たことのない味 チオベンのお弁当』(マガジンハウス)

A. 豆ごはん
春の香りが広がる豆ごはんは、さやと炊いて濃厚に仕立てます

材料〔 3人分 〕
米…2 合、グリーンピース…正味200g、塩…小さじ1、酒…大さじ1

作り方

  1. グリーンピースに塩をまぶしておく。
  2. 炊飯器に研いだ米、1 を塩ごと、酒、あればグリーンピースのさやを入れて普通に炊く。

B. 空豆とアボカド、バジルの春巻き
春巻きの皮を2度巻きして、パリッと揚げるのがポイント

材料〔 6本分 〕
空豆…12 粒、アボカド…1 個、塩…適量、春巻きの皮…12 枚、バジルの葉…24 枚、揚げ油…適量

作り方

  1. 空豆はさやと皮をむき、軽く指でくずす。アボカドは皮と種を取り、2cm 角に切る。
  2. ボウルに1を入れて塩をふり、混ぜ合わせる。
  3. 春巻きの皮に2、バジルの葉2 枚の順にのせ、しっかりと巻く。もう1枚皮を巻き、2重にする。これを6本作る。
  4. 200℃の油でこんがりと揚げ、半分に切る。

C. うるいとやりいかのナンプラーあえ
ふたつの上品な春食材には、ナンプラーがアクセント

材料〔 3人分 〕
やりいか…1ぱい、うるい…1パック、ナンプラー…小さじ1/2、おろししょうが…小さじ1/2

作り方

  1. いかは足と内蔵をはずして皮をむき、1cm幅くらいの輪切りにする。
  2. 1はさっとゆで、うるいはゆでたあと水にとり、水けをきる。ボウルに移し、ナンプラーとしょうがであえる。

春のローストビーフ
桜の花の塩漬けで香りづけし、春味のローストビーフに

材料〔 3人分 〕
牛もも塊肉(ローストビーフ用)、… 300g
a:桜の花の塩漬け+塩(1:1 の割合で)…大さじ1、しょうが(スライス)… 2 かけ分、昆布茶 … 大さじ1

作り方

  1. 牛肉にaをもみこみ、常温で半日ほどおく。
  2. フライパンにサラダ油適量(分量外)を入れて熱し、肉を面ごとに8 ~ 10 分ずつを目安にこんがりと焼く。
  3. 火からおろし、アルミホイルで包み、1 時間以上休ませて切り分ける。

E. いちごサラダ
箸休めにもぴったりの女性好みの小粋なサラダ

材料〔 3人分 〕
いちご …7 粒
a:三温糖 …大さじ1、レモン果汁…大さじ1、粒マスタード…大さじ1

作り方

  1. aをボウルに入れ、合わせておく。
  2. 半分に切ったいちごを加えてあえる。

photograph: Akiko Arai
text: Rie Hanazawa

 

詳しい情報は、本誌122ページからの「山本千織さんの春のお花見弁当」にてご確認ください。

大人のおしゃれ手帖 4月号の情報はこちら! 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読