女らしさがUPする! この春着たいボーダートップス

ブリジッド・バルドーやジーン・セ・バーグなど、女性のファッション史に大きな影響を与えた往年のファッションアイコンたちも愛用していたボーダートップス。世の中では、「ボーダーを着る女子はモテない」なんて意見もあるけれど、シルエットを見極めれば女性らしさをアピールできる最強アイテムなんです! InRed 4月号では、オススメの新作ボーダーアイテムや、悩みにあわせた着こなしテクニックなどを掲載。treasuresでは、女性らしいエッセンスを散りばめたボーダーアイテムとコーディネイトのポイントをご紹介します♪ さっそく、参考にしてみて!
P044-045_ボーダー_144dpi_03
V-neck:ドキっとさせるVネックで大人の色気を漂わせる
デコルテがしっかり開くVネックは、パンツやメンズライクな小物を合わせて、甘さを程よくセーブして。

1_モード感漂う、黒×白のボーダーもVネックが一気に女性らしく昇華してくれる。スキニーパンツやブラックデニムを合わせて、セレブ風な着こなしを楽しみたい。

2_シンプルなTシャツがVネックならいつもと違う表情に。袖をロールアップして爽やかに着こなしたい。

ハットやブレスレットなど小物を効かせて洒落見え
シンプルな細ピッチのボーダーの深めのVネックに思わずドキッ。アースカラーのパンツにハット、バングルなど主張する小物を合わせると、コーディネイトが一層引き立つ。

Off-shoulder & Lip:オフショルダーと艶リップで周りからの視線が集中
この春1枚は押さえておきたいオフショルダーはボーダーでトライしたい。肩から上が強調されるので、メイクもしっかり女らしく。

1_デコルテを見せるだけでなく、女っぷりが上がるリブニットが色気たっぷりな一枚。デニムなどでカジュアルダウンして着こなしたい。

2_控えめなカラーリングで、ヘルシーな肌見せを演出してくれるトップスは小物を効かせたコーディネイトを楽しんで。

ヘルシーな肌見せにはピンクの艶リップが好相性
デコルテがしっかり見えるオフショルダーは、真っ赤なリップだと媚びすぎてしまうので、ピンクやオレンジなどヘルシーカラーの艶リップがマッチする。顔、首、胸元と肌面積が多くなるため、メイクも抜かりなくしっかりしておきたい。

P044-045_ボーダー_144dpi_02

Dropped Shoulder:思わず抱きしめたくなるドロップショルダーのシルエット
ゆったりとしたシルエットで、肩幅をカバーしてくれるドロップショルダーは、ギュッとしたくなるような華奢な女性に見せてくれる。 

1_ボトルネックが今年らしく、ピッチの太さがランダムなマルチなデザイン。柔らかいカラーリングで、着る人を優しく見せてくれる。

2_ネイビー×ホワイトが爽やかな7分袖のデザイン。カジュアルなので、パンツとも、スカートとも合わせやすく、ワードローブの一着として重宝しそう。

3_マニッシュな印象のネイビー地のトップスは、ややショート丈で、ロングスカートやワイドパンツと相性バツグン。

オールホワイトでまとめて優しげな雰囲気を漂わせて
細ピッチのトップスは、この春大注目のスカーチョにインして、オールホワイトで着こなしたい。バッグやバングルなど小物にダークカラーを合わせれば、メリハリもしっかり出て、コーディネイトがまとまる。

撮影=岡部太郎〈SIGNO〉(人物)、草間大輔〈impress+〉(静物)
スタイリング=林かよ
ヘア=夛田恵子〈mod’s hair〉
メイク=伴文博〈TRON〉
ヘア&メイク=北一騎〈Permanent〉
モデル=浅見れいな
文=小嶋多恵子

詳しい情報は、本誌36ページからの「ボーダーの女はモテないは嘘!!」にてご確認ください。

InRed 4月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読