安い売家の落とし穴。知って得する、補修費いろは

da17f33a9c6ff10d7439db758a80b4f3.jpg

安い売家で気になるのは、補修費がどのくらいかかるかということ。補修費が物件の倍かかってしまった…ということも十分に起こりうる。田舎の売家は昔ながらのポットン便所が珍しくなく、寒冷地の古い建物には断熱材が入っていないこともある。古民家の場合は、基礎が傷んでいる場合もあるので要チェック。物件の状態はもちろん、買い主がどの程度の補修を望むかによってコストはバラバラ。定住することによって助成を受けることもできるので、自治体に問い合わせてみよう。特集「500万円以下の掘り出し166軒」とあわせて読みたい「補修費が高額になるポイント5」、本誌18ページでチェックしよう。

田舎暮らしの本6月号はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読