リッチなのにプチプラ!“自分買い”用ご褒美ビジュー

春になって桜の花を見ると、いろいろなことを思い出すのは私だけでしょうか?卒業式や入社した日のことを思い出すと、初心に戻り、また頑張ろうとやる気が湧いてきたりします。日本で暮らしてきた人にとって、春はスタートの季節として刷り込まれているのかもしれません。

今回のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」でご紹介するのも、自分の進むべき道がしっかり見えているような、自立した女性にふさわしいアクセサリーです。それが、こちらの「Roi du chanvre(ロアドゥシャンブル)」。

IMG_6399のコピー

「Roi du chanvre」のアクセサリーは、歴史ある街・京都で製作されています。デザインを手がけているのはブランドを立ち上げた超本人でもある馬場麻王(ばば あさみ)さん。元々アパレル販売員として働いていた馬場さんは、2003年に独学でアクセサリー製作を開始。2007年にブランド「Roi du chanvre」としての活動をスタートしました。

IMG_4435
↑ちなみにこちらはパリで買い付けたアンティーク。1点モノなんだそう。

デザイナーの馬場さんがデザインを起こす際にイメージしているのは流行に振り回されない、自立した媚びない女性。アクセサリーには大ぶりのビジューやパールといった、いつの時代にも女性が大好きなモチーフを多用して仕上げています。ラグジュアリーな雰囲気は、自分の足でしっかりと立って活躍する女性にぴったりです。

slideshow_img0

また、デザイナー自身に販売職の経験があるため、「Roi du chanvre」のアクセサリーは洋服と合わせやすいのが特長。独創的なデザインでも、アンティーク調の落ち着いた色合いのためオフィスでも浮きません。オフの日のカジュアルなコーディネートとも、上手に馴染んでくれます。

リッチなムードなのに、お手ごろ価格なのもポイント。5000円以下のアイテムが多く、頑張った自分へのご褒美としてもぴったりですね!

そんなオトナの女性の自分買いアクセとしてオススメな「Roi du chanvre」。次回は2016春夏コレクションのオススメをピックアップしてご紹介します!

「宝島社ストア」Roi du chanvre 商品一覧

サイトで購入

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読