「スー女」殺到で大盛況! 好きな力士は何型? ミーハー相撲ワールド

最近巷では、相撲にハマる女性が急増中! 今まで相撲界を牽引してきたモンゴル出身の力士たちの人気はもちろん、初場所で優勝を果たし時の人となった「琴奨菊」や、相撲界のプリンス「遠藤」など日本人力士たちの活躍で女性や若い世代からも注目されています。 そんな相撲好きの女性をスー女と呼んだり、女性向けの相撲雑誌も発売されるなど、人気はますます高まるばかり! 大人のおしゃれ手帖 3月号では、初心者でも楽しめる相撲のハウツーや、個性豊かな注目力士たちをたっぷりと紹介しています。 ぜひチェックしてみてくださいね♪

P136-137_校了

体がぶつかり合う真剣勝負!
神聖な空間で繰り広げられる大人のエンターテインメント!

日本人大関の活躍に期待を抱いて
モンゴル出身力士の台頭が目立っていた大相撲。しかし、今年初場所では大関 琴奨菊が日本出身力士として10年ぶりの優勝を決めるなど、強い日本出身力士の登場が世間を沸かせた。

スター力士が続々誕生
イケメンの遠藤、デビューから圧倒的な強さを見せた逸ノ城など、一般のニュースでも話題になるほどのスター選手が誕生。彼らを一目見ようと、相撲観戦に出かける女性が急増。

日本相撲協会によるファンサービスの充実
これまで、大相撲は年配の方々のお楽しみというイメージが。しかし、日本相撲協会によるユーモアあふれるSNSや、女性向けのイベントの開催により、人気の裾野が広がった。

日本相撲協会によるファンサービスの充実
これまで、大相撲は年配の方々のお楽しみというイメージが。しかし、日本相撲協会によるユーモアあふれるSNSや、女性向けのイベントの開催により、人気の裾野が広がった。

相撲♥ モデル 香菜子さん
国技館観戦は今年の初場所で3回目。回を追うごとに、勉強熱心にはまり中!

国技館の中は、楽しみいっぱい。まさに、大人の遠足気分
友人が誘ってくれたのがきっかけで、昨年の5月に初めて国技館で相撲観戦をしました。好きな力士は、何といっても千代丸関。その魅力を一口にいうなら、「かわいい!」から。表情もとてもおちゃめで、オフのときの動向が気になります(笑)。お相撲観戦が、女性向きだなと思うのは、遠足感覚で楽しめるところ。食べものをマス席に持ち込んで、気の合う友だちと飲んだりしゃべったりしながら、土俵を眺める。途中で地下の大広間で味わえるちゃんこを食べにいったり、おみやげを買ったり……。まさに、大人の遠足という感じで、毎場所、国技館に出かけるのがとても楽しみなんです。

タイプ別に注目力士をご紹介
愛らしい力士から目が離せない!
まずはひいきの力士をつくるのが、相撲にはまる一番の近道。正統派のイケメンから、ラテン系、さらにゆるキャラ的キュート系まで素敵な力士がいっぱい。

琴奨菊
気合いを入れる反りに注目
大関 琴奨菊 和弘/立ち合い前に、グッと体を反らせて深呼吸。おなじみのポーズも人気。得意技は左四つ、寄り。福岡県出身 32歳。 

遠藤
国技館前で抱っこOK! 出世の早さにも注目
前頭 遠藤 聖大/国技館前には、遠藤お姫さま抱っこパネルが! 得意技は突っ張り、左四つ、寄り。石川県出身 25歳。

臥牙丸(ガガマル)
レディーじゃないほうの、大相撲のガガ
前頭 臥牙丸 勝/大好物はラーメンとアイス。アイスはキロ単位で食す。得意技は突き、押し。ジョージア共和国出身 29歳。

逸ノ城
とにかくデカい!なのに笑顔は赤ちゃん風
前頭 逸ノ城 駿/遊牧民として育つ。史上最速で十両へと駆け上がった強者。得意技は右四つ、寄り。モンゴル出身 22歳P140-141_校了_02
相撲ジャーナリスト
どす恋花子のミーハー相撲道
着物を着たい、かっこいい男の子が見たい、おいしいものが食べたい。はじめは、そんなミーハーな気持ちでOK。相撲ファンへの入り口は、こんなにたくさんあるのです!

ナビゲーター/どす恋花子さん
大相撲を中心に活躍するスポーツライター。初心者にも親しみやすいハウツーものから、力士の素顔に迫る渾身のルポルタージュまで、多くの作品を上梓。

ミーハー道1
着付けもしてくれる! 和装で相撲を観戦
日本相撲協会では、一場所に2日ほど「和装day」を開催。自前の着物での参加はもちろん、着物レンタル+着付けと入場券までセットになったお得なプランもあり。着物でお出かけのいい機会になりますよ!

ミーハー道2
両国国技館は大人のテーマパーク
国技館の地下では、250円で各相撲部屋レシピのちゃんこが食べられるスペースが。名物の国技館焼き鳥を食べたり、公式キャラクターのひよの山と写真を撮ったり。おみやげ屋さんもいっぱいの広い館内を遊び尽くして。

ミーハー道3
実は予約できる! 部屋の朝稽古で熱気を間近で体感
相撲部屋によっては、朝稽古を公開している場合も。各部屋のサイトなどに案内があるので、ぜひ問い合わせをしてみて。神聖な空気の中での稽古は、息をのむほどの迫力。彼らの必死な姿を見ると、ますます相撲愛に拍車が!

photograph:Isao Hashinoki ,Michi Murakami
text:Masami Fukuyama

詳しい情報は、本誌136ページからの「大人女性は相撲に夢中」にてご確認ください。

大人のおしゃれ手帖 3月号の情報はこちら!

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読