おしゃれ上級者は知っている☆ブローチ徹底活用術

形や大きさ、色や柄も様々なものがそろうブローチ。芸術作品のようなものもあり、眺めているだけで十分楽しめるファッションアイテムです。ですが、それ故に使うシーンが思い浮かびづらく、あまり活用できていないという声も耳にします。
そこで今回のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」では、オススメのブローチ活用法をご紹介します!

●ストール×ブローチ
まずは寒い季節に大活躍するストールにブローチを合わせるスタイル。

94838997
「LAPUAN KANKURIT/PALAPELI POCKET SHAWL」⇒購入はコチラをクリック

こんな風に大判のストールを両肩からラフにまとって、胸の辺りでブローチでまとめるとカンタンです。

94033003
「et cetera ブラスセイフティピンM」⇒購入はコチラをクリック

ストールと相性が良いのが、こちらの安全ピン風のもの。真鍮製でアンティークのような風合いです。留め具部分の花びらのような形もクラシックなムード。ストール以外でも、ゆるっとしたシルエットの服のシェイプを変えたりするためにも使えます◎小さめのSサイズもあり、そちらも儚げでステキです。

●服×ブローチ
トップスやワンピースにブローチを付ければ、格好のアクセントに。

94116841_o1
「Lino e Lina/ワンピース」⇒購入はコチラをクリック

シルエットがキレイなワンピース。シンプルさが魅力のひとつでもありますが、ちょっと別の着こなしも試してみたいなら、ブローチが役立ちます。首もとの、少し上部分に付けるとバランスが取りやすいようです。

94033007
「et cetera ブラスブローチ四角」⇒購入はコチラをクリック

服に合わせる時に使いやすいのは、こんな主張しすぎないタイプ。素材を手作業でカットしているので、味がある仕上がりです。

●アクセサリー×ブローチ
そのままでも楽しめるネックレスなどのアクセサリーにブローチをプラスすれば、活用の幅がもっと広がります。

93713412
「shuo’/pearl necklace-short」⇒購入はコチラをクリック

美しいパールのネックレス。こちらの中央部分に固定すれば、ブローチが即席のペンダントトップに早変わり(*)。また何もついていないヘアゴムにつければ、モチーフ付きのヘアアクセサリーの完成です!ただ、装着中は留め具の針が刺さらないように、くれぐれもご注意くださいね。(*パールの大きさによっては留め金ではさめないこともあります。ネックレスを傷つけないようにご注意ください)

94033008
「et cetera ブラスブローチオーバル」⇒購入はコチラをクリック

他のアクセサリーと一緒に使うなら、すっきりしたラウンド型がオススメ。こちらは先ほどの四角い形のブローチと同じシリーズのため、重ねづけをしても決まります。またブローチの複数使いをすると、ぐっとおしゃれ上級者に見えますよ。

コーディネートの幅をぐんと広げてくれるブローチ。今回はリンネル公式通販「kuraline」で取り扱っている「fog linen work」のアイテムをご紹介しました。様々な使い方にトライして、おしゃれスキルを磨きましょう!

リンネル公式通販「kuraline」fog linen work 商品一覧

リンネル公式通販「kuraline」

 

 

 

 

 

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読