春は「サンドベージュ」と「ライトグレー」が大正解!

この春、多くのコレクションでも目立っていた明るめの「ベージュ」と「グレー」。どちらも、落ち着いたスタイルが似合うGLOW世代にぴったりなカラーです。GLOW 3月号では、この2色を使ってつくる最新のコーデ術や配色テクニックを紹介しています。毎日の着こなしにプラスして、洗練された最旬スタイルを手に入れて♪

P078_144dpi
シンプル合わせが正解! 
サンドベージュのこなれ配色

2~3月に着るならクリーンで今っぽいホワイト合わせが正解
まだ薄着にはなれない2~3月だけど、白を効かせればぐっと軽やか。抜け感コーデで春気分を先取りして。

ハンサムとフェミニンを巧みに共存させて
ミルキー配色で優しげに。
サンドベージュ50%+ホワイト50%

ちらりと主張するシャツの白が春めく抜け感に
バッグやバングルなど、小物でも白を足して色の配分調整を。
サンドベージュ80%+ホワイト20%

洗練されて女らしい×ライトブラウンが新鮮
サンドベージュと自然になじむライトブラウンもまた、春の注目色。新顔配色で差のつくワントーンコーデに。

微量の差をつけたグラデーションが印象的
ジレとスカートのロング×ロングバランスも今っぽい。
サンドベージュ80%+ライトブラウン20%

大地を思わせるアースカラー配色が新鮮
地層のように重なるサンドベージュ~ライトブラウンのグラデーションは、秋冬のキャメルとも趣が異なり鮮度抜群。
サンドベージュ50%+ライトブラウン50%

P080_144dpi
どんな色とも相性抜群 
イトグレーの美人配色

2~3月に着るなら×定番色でスタイリッシュに
クールさが持ち味のライトグレーは、定番色合わせで大人な着こなしに。都会的なニュアンスが素敵。

×ブラック
辛口ジャケットで甘スカートをクールに
春らしいモノトーンスタイル。小物も黒で辛口に。

×ホワイト
オール白コーデに近いクリーンさが魅力
オールホワイト風も、ライトグレーのグラデーションで程よくメリハリ!

×グレー
ボトムが濃色のグラデーションで細見せを

撮影=伊藤大作〈The VOICE〉(モデル)、草間大輔〈impress〉 
スタイリング=熊澤さなえ 
ヘア&メイク=亀田 雅〈The VOICE〉 
モデル=森下紀子、和香 
文=高坂知里 
撮影協力=フレッドシーガル代官山

詳しい情報は、本誌76ページからの「春の新定番色はこの2色! とりあえず『サンドベージュ』『ライトグレー』で間違いなし!」にてご確認ください。

GLOW 3月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読