プロも通うヴィンテージSHOPで1点ものを!

だれとも被らない服が欲しい!
そんなあなたにオススメしたいのは、ヴィンテージショップ。
本日発売のSPRiNG9月号では、「プロも通うヴィンテージSHOP」を大特集。古着愛好家のモデル・谷口 蘭さんとスタイリスト・笹原亜美さんがお気に入りアイテムを探しに、ヴィンテージSHOPクルーズを敢行!treasuresでも、その一部をお届けします。(Photographs:Sou Kakimoto Text:Eriko Suzuki)

f0860ed0a28d7c1e2a03ee61c768c290.jpg

まず外せないのが、中目黒にある「ジャンティーク」。
ヴィンテージ好きで知らない人はいない、というくらいの有名店です。
「洋服の品揃えが豊富!手が出せないような価値のある商品もたくさんあって面白いです。海外にいるような気分にさせてくれます(bloc Director・百冨友香理さん)」、「行くと必ず欲しいものに出会える、センスのいい古着屋さん(stylist・安田有希さん)」と業界人もイチオシ!今の時期は柄ワンピースやTシャツが人気だそう。
名前の由来は「junk+antique」。店内には洋服のみならず1800~1930年代の家具や、ボタンパーツやフレーム、キッズアイテムなど様々なものが所狭しと並んでいて、いつだって何かに出会えそうなワクワク感に心躍る、そんな場所です。奥にはレディースとメンズ、それぞれのヴィンテージルームも公開。やわらかな光の裸電球やフレームが天井からぶら下がっている秘密基地のような店内は、お部屋のインテリアやディスプレイの参考にもなりそう。オリジナリティあふれる一点ものや、一歩先行くトレンドアイテムを見つけに行ってみては!?

本誌ではこの他にも、プロの審美眼に叶ったとびきりのヴィンテージSHOPを紹介中!
76ページからの「プロも通うヴィンテージSHOP」をお出かけ前にチェックして、買い物に行ってみてくださいね。

SPRiNG9月号はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読