キャリアか子育てか、働く女子の2択の時代はもう終わり!

石原さとみさんが表紙を飾る9月号、いよいよ明日発売です!

93334b60e6a721eb94088ded39fd88c0.jpg

 

結婚、出産、育児、近い将来やってくる人生のステージに選ぶべき道とは?
SPRiNG9月号では、「自分らしい働き方を考える」を特集。
これからの働く環境、働く女子がこれから進むべき方向性をキャリアカウンセラー・水野順子さんに伺いました。(Photographs:Chie Nagata,Sho Kataoka[PPI] Text:Taeko Kojima illustration:Kottin)

f3f4c9a03e1f4ffbdb0c73d93e1be660.jpg

「キャリアか子育てか、なんて2択の時代はもう終わり!SPRiNG世代のみなさんは、フルタイムだけでなく、時短勤務や在宅ワークなどもっと自由に生き方を選べるようになります」と働く女子にとって嬉しい未来を断言してくださった水野さん。
「国の成長戦略にもあるように、保育園の増設や待機児童の解消など、女性が働くためにネックになっていることがものすごい勢いで改善されつつあります。子どもを産む選択をしたとしてもチャンスは広がっているんです。ここ2、3年で女性の働き方は大きく変革していきます」とのこと。そんな雇用の荒波を乗り越えてゆく女性にとってこれから必要なのは、ずばり“交渉力”なのだそう。
「女性はどうしても自分のことを低く見がちで、交渉ベタ。さまざまなライフステージがあるなかで、“私はこういう働き方がしたい!”と、会社にきちんと交渉できる力が大切。感情論ではなくて、実績やデータで対等に交渉する力をぜひ20代のうちに養ってもらいたいですね。そうすれば、30代、40代の働き方がもっとラクになります。それから、生きていくために絶対必要な“働く仕事”いわゆるライスワークのほかに、もうひとつ別の軸足を持つこと。“パラレルキャリア”と呼びますが、平日勤めながらも、週末はサロンを開くなど、自分の好きなことに視野を広げて、ゆくゆくはスペシャリストになるための準備をするんです。スペシャリストになって、自分で環境を見つけていく。これこそが、女性の働き方の新スタンダードになっていくのです」。

今後、働き方の選択肢が増えると必要になってくるのは「自分はどう働いていきたいか」という軸。本誌120ページからは、新しい働き方を開拓している先輩たちに、その見つけ方を聞いています。今後のキャリアプラン、生き方の参考にしてみてくださいね。

SPRiNG9月号はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読