いま話題の波佐見焼、「essence」から生まれたレーシーな和食器

一朝一夕には上がらない料理の腕。レパートリーも偏りがちではないでしょうか?
マンネリしがちな食卓で何か変化が欲しいなら、器を替えるというのが手っ取り早い方法かもしれません。(裏ワザですが……)

いま、食卓に新鮮さをもたらしてくれる器を探すなら、オススメは波佐見焼(はさみやき)。約400余年の歴史をもつ、長崎県波佐見町発祥の陶器です。
波佐見焼の特長は、モダンなデザインや明るい色使いの器が多いこと。どことなく北欧テイストのものもあり、器好きの方の間で注目度急上昇の産地なのです。

そんな波佐見焼の中でも女性好みのデザインに定評があるのが「essence(エッセンス)」。こちらでは使用する型を自社で製造しているため、独創的な陶磁器も探せます。

kst1008_detail01

今回は「Doily(ドイリー)」というシリーズをピックアップ。こちらは「essence」と、波佐見焼の工房「京千」が手がける新たなライン「sen」ご担当の長岡千陽さんがコラボレーションして生まれました。ケーキなどの下に敷くレースペーパーをイメージして仕上げており、繊細な模様と素朴な色合いが、やさしい印象。洋食器のような趣ですが、もともと和の器だけに煮物なども上手に引き立ててくれます。

94031907_o4
Doily ボールL

こんな可憐な器が並ぶ食卓を想像しただけで、女性ならわくわくしてしまうはず。たとえ、お料理の腕に伸び悩んでいても、自然と食事の支度にやる気が出てくること請け合いです。

94031902_o1
Doily プレートS

ちなみに同シリーズではフラワーベースも製作。表面に浮かぶナチュラルテイストのでこぼこ模様が、道端の草花でも魅力を引き出してくれそう。

kst1003_detail01
左からDoily vase -M, Doily vase -S, Doily vase -L

舌だけではなく、目でも味わうお料理。トレンドの波佐見焼をプラスして、食卓の印象をフレッシュに刷新させてみてはいかがですか?

「kuraline」essence 商品一覧

「リンネル」公式ショップ「kuraline」

 

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読