普段使いできるアートとして、ずっと愛せる岡田崇人さんの器

今週の木曜日、1/21は大寒。その昔、一年で最も寒さが厳しいといわれた季節です。外出が億劫になってしまうほど寒い日は、手の込んだレシピに挑戦してみるチャンス。心を込めた料理が出来上がったら、こんな温もりあふれる器に盛り付けてみるのはいかがでしょうか?

okada_10-670x376

小鳥が飛んでいるようにも見える、草花モチーフの文様が描かれた益子焼の器。栃木県益子町で暮らす人気陶芸家・岡田崇人さんの作品です。
岡田さんは大学卒業後、人間国宝である陶芸家・島岡達三氏に弟子入り。5年間の修行を経て、益子に自身の窯を開きました。

okada_06-670x450

岡田さんの代表作品は“掻き落し(かきおとし)”という伝統的な技法を用いて作られています。
土を練り上げ、ろくろで成形。その後、半乾きとなった器に彫刻刀で文様を彫り、浮かび上がらせる手法が“掻き落し”。窯で焼くと美しいコントラストが生まれます。
こうして出来上がる作品は「愛らしさとモダン」が程よく調和した印象で、独特の魅力を放ちます。

「普段使いの器を作っていきたい」と語る岡田さん。
シンプルな模様のお皿は和・洋・中どんな料理とも相性がよく、「使って、眺めて楽しいアート」として食卓を彩ってくれるのです。

95684558

・掻き落としマグカップ

特にオススメなのが、ほど良い厚みで手にしっくりなじむ「掻き落としマグカップ」や、フチがカーブしていてカレーなども盛り付けられる「掻き落としオーバル皿」といった、食卓への登場頻度が高いアイテム。ナチュラルな雰囲気で飽きがこないため、いつまでも長く愛用し続けたい器ばかり。使えば使うほど、愛着も増していきます。

95684564

・掻き落としオーバル皿

岡田崇人さんの器は、1/19(火)までの期間限定で、限られた数量のみを「kuraline」にて予約受付中。中には、以降の販売が未定な商品も並んでいます。 ※配送は3月下旬以降の予定です。

丁寧に作ったお料理にふさわしい、温もりあふれる器。いつものお食事タイムを特別な時間に変えてくれる器を、この機会にぜひチェックしてみてくださいね。

「岡田崇人」商品一覧はコチラ

「リンネル」セレクトショップ「kuraline」はコチラ

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読