新年会の鍋パーティを格上げする上質テーブルウェア

松の内が開けて年始の慌しさがひと段落すると、新年会の声がかかる時期です。寒さも本格的になってきた今日この頃。温かい料理が一層美味しく感じられるようになりました。今年は新年会を兼ねて鍋パーティを開いてみてはいかがですか?そんな仲間との集まりで役立つテーブルウェアを「kuraline」からご紹介します!

・料理をレベルアップさせる「長谷園」の土鍋

94280939

鍋料理の隠れた主役ともいえる土鍋は、プロの料理人が信頼する「長谷園(ながたにえん)」のものがオススメ。天保3年築窯という老舗の伊賀焼窯元で、伊賀の粗土で作られた土鍋は遠赤外線効果が高く、じっくり熱を通すのが特長。食材の旨みが引き出され、料理が美味しくなるとプロお墨付きの逸品なのです。

長谷園/キャセロールマイン

 

・パーティ仕様のひとひねり鍋

totto20_1-670x376

鍋料理は手軽に作れる反面、レパートリーがマンネリしがち。そんな時は料理家のtottoさんが提案する鶏鍋がオススメです!煮込んだ鶏肉にルッコラなどの香味野菜をアクセントに加えて仕上げます。丼風のアレンジも楽しめ、一度で二度美味しいレシピです。

tottoごはん「鶏鍋と南国風鶏ご飯」

 

・日本酒のお供は「大本硝子」のグラスで

favorite03_011-670x420

熱々のお鍋のお供にしたいのが、キーンと冷えた日本酒。雑誌「リンネル」編集長・西山は、冷酒を飲む時、手作業にこだわる「大本硝子」のグラスを愛用しているそう。薄めのガラス生地で口当たりがよく、ボディは持つ手にやさしいなめらかな曲線。そんなグラスを使うと、より一層心穏やかにお酒を楽しめるとか。

大本硝子/グラスシリーズ

 

「kuraline」では他にも、新年会を盛り上げるヒントがたくさん。しっかり準備して、いつもより少しセンスアップしたパーティを目指しましょう!

「リンネル」セレクトショップ「kuraline」はコチラ

 

 

 

 

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読