火を使わなくても簡単おいしい!料理家・ワタナベマキさんに聞く、夏の時短レシピ

日差しが強くなる季節は、暑くてキッチンに立つのがつらいというのが本音。
大人のおしゃれ手帖8月号では、料理家・ワタナベマキさんに夏の暑さを軽減する「火を使わない時短レシピ」を伺いました。treasuresでは、缶詰&瓶詰めを活用した和え物レシピを紹介します。(photograph:Yumiko Miyahama text:Yuki Matsuda)

66670547aec5d94b91c59eec0c48ac5a.jpg

■サーディンと人参のサラダ
[材料(2人分)]人参1本、塩少々、オイルサーディン1缶、レモン汁1個分、パセリのみじん切り大さじ2、オリーブオイル大さじ1、こしょう少々
[作り方]
1. 人参は千切りにし、塩を加えて軽くもむ。約5分おき、水気を絞る。オイルサーディンは汁気をきり、半分に切る。
2. 1にレモン汁を加えて混ぜ、パセリ、オリーブオイル、こしょうを加えてさっと和える。

■ ザーサイと湯葉のねぎ和え
[材料(2人分)]湯葉(乾燥)20g、長ねぎ1本、ザーサイ瓶詰め60g、酢小さじ1
[作り方]
1. 湯葉は熱湯に約2分漬けて戻し、食べやすい大きさに切る。長ねぎは斜め薄切りにし、水に5分さらして水気を切る。
2. 汁気をきったザーサイに1、酢を加えてさっと和える。

このほかにも、本誌62ページからはオーブンやトースターで漬けて焼くだけのレシピ、混ぜる・かける・のせるの活用レシピを紹介しています。
暑い夏にぴったりの料理、ぜひ試してみてくださいね。

大人のおしゃれ手帖8月号はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島チャンネル
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

宝島オンラインを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読