運命のデニムとの出会いをナビゲート!新作ニュースもたっぷり♪

誰でも1本は持っている、ワードローブに欠かせないデニム。コーディネイトに取り入れやすく、きれい目スタイルのはずしアイテムとしても使える強い味方。SPRiNG 2月号では、おしゃれ業界人がおすすめする運命の1本や、最新のデニム事情などをモデルのカスミさんがナビゲート♪ treasuresでは、その一部をご紹介します。
P062-063_144dpi_03■ 01 すでに運命の1本を持っている人に決め手を聞いてみよう
どうせなら、旅も快適に。まずは先に旅したあの人に、コツと秘訣を聞いてみた。それぞれの洒落者が辿り着いたのはこんな場所。

01: Vintage Levi’s® 646
Sheta Director 川島幸恵さん
色落ち、サイズともに完璧なヴィンテージ
ベルボトムの代名詞で、川島さんが愛用しているのは貴重なビッグE。「これはオールシーズン活躍するパーフェクトな一本。8年くらい前に原宿のベルベルジンで買って以来、ずっとはいてます」

03: Vintage Levi’s® 501
KIN.OSHIMAデザイナー 大島麗さん
中学生からはき続ける、第二の肌的相棒デニム
永遠の定番、501®。メイドインUSAの最終期にあたる古着で、セルビッジもなしのごくシンプルなつくり。「色々はきましたが、そのなかでもいちばんの古株のこの501®が自分の脚にはよく合うんです」

05: Maison Margiela WIDE
blocフロア/ビジュアルディレクター 百冨友香理さん
70sライクなデザインに、思わず一目惚れ
今年の夏に購入した〈MM6〉のデニムは、ウエストの両端に配したロープを前で結んではく仕組み。「意外となんにでも合わせやすくて、ワイドな形とペイントも遊び心があって好きなんです」

P062-063_144dpi_02
■ 02
デニムパンツにも『定番』と呼ばれるものがある
デニムはみんなのスタンダード。その中でも、ビギナーからツウまで、誰もが認める大定番があるらしい。ちょっと気取って、品番なんかで呼んでみよう。

Levi’s® 505
こぎれいにはくならこれ
501®に比べ、よりすっきりとした細めのシルエットが特徴。きれいな色落ちも楽しみな67年モデルのリジッド。

Levi’s® 501®
不朽の名作は年代も重要
おなじみ501®でも、ベストセラーを誇るのがこの47年モデル。太すぎないので、女性でもはきやすいシルエット。

■ 03 「デニム=心地悪い」なんて昔の話。最新ストレッチのはき心地がとにかくスゴイ!
ずっと一緒にいたいのは、やっぱりリラックスして心地よいヤツ。日々進化するストレッチデニムの最新事情が、なんだかホットだ。

UNIQLO
ハイライズのパターンが今っぽいスリムストレートモデル。伸縮性が高いので、窮屈さはいっさいなし。

BIG JOHN
まるでゴムのようなストレッチながら色落ちと質感はかなりリアルという、イイとこ取りの日本製。

cepo
あたたかな裏起毛で、少し厚手の素材感。リベット留めのクラシカルなつくりでも、はき心地は快適。

Dickies
デニムそっくりに仕上げたスウェット製。だからスキニーとは思えないほど動きやすい。

■ 04 チープシックなデニムブランドを見逃すな
小洒落てるのに気を使わないではけてリーズナブルなデニムは、毎日付き合うには打ってつけ。知らないなんて、もったいない!

Gap
クセのない、オーセンティックなストレート。やや股上深めでリラックス感も十分。

CHEAP MONDAY
ダメージ&リペアのきいた一本は、ニットと合わせて上品なグランジテイストに。

■ 05 ヒップラインに自信がなくても問題ナシ! ポケット次第でステキな後ろ姿に
バックシャンへの道は狭くて険しい。でもこのポケットが私に魔法をかけてくれる。はけばアナタも即、見返り美人の仲間入り。

SOMETHING
少しルーズなヒップとすっきりとしたレッグラインが新鮮!

Johnbull
はくだけヒップアップ! その秘訣が、計算されたポケットのレイアウト

ANTGAUGE
ワイドレッグと高めのポケットで小尻感を演出!

model_KASUMI
photographs_YONG DUCK KIM(model), NAHOKO SUZUK(I item)
styling_NOZOMI SODA
hair&make-up_MIKA IWATA[mod’s hair]
text_RUI KONNO

詳しい情報は、本誌62ページからの「カスミさんと♥ 大人のこたわりデニムツアー」にてご確認ください。

SPRiNG 2月号の情報こちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読