おしゃれミューズご自慢のにゃんこたち♥ もう可愛いくてメロメロ!

愛らしいなき声に、ぷにぷにした肉球。甘え上手でマイペースな性格といい、私たちの心をくすぐってやまないネコ。otonaMUSE 2月号では、三度の飯よりネコが好き!というミューズたちが、ご自慢の愛ネコを紹介してくれました。treasuresでは、その一部をご紹介します♥

116

1. マッシュ(♂・1歳)
ヘア&メイクアップアーティスト 岡野瑞恵さんちのネコ
初の写真集が発売されたばかりのマッシュ。ふわふわのクリームパンみたいな手、見れば元気をもらえちゃうファニーな表情でハートをわしづかみされる大人女子が続出! 「マッシュと暮らし始めて10カ月。仕事で疲れて帰ると玄関まで迎えに来てくれたり、朝起きると添い寝していたり……面白くて可愛い相棒に毎日癒やされてます」

  1. マッシュのチャームポイントであるクリームパンみたいなお手(別名:マッシュクリームパン)を丁寧に毛繕い中。美味しそうなうっとりフェイス顔がツボ。
  2. テーブルの上のアーモンドチョコを狙う眼光鋭いマッシュ。気になっているのはむしろヒモ?
  3. 「疲れたわ〜、しんどいわ〜」と心の声がだだ漏れてきそうなカット。寝転がるのではなく、もたれかかって休憩するのがマッシュ流。

117
2. ぽんず(♂・8
歳)
女優/モデル  
浅見れいなさんちのネコ
れいながぞっこんのメンズ……!? といえば黒ネコのぽんず。自身のインスタにも度々登場し、いちゃいちゃぶりを見せつけてくれてます! 「我が家にきたときに、ポン酢の一升瓶に突進していったことからぽんずと命名しました。動物病院から引き取ったときは片手にのるくらい小さかったんです。それから8年たち、すっかり男前になりましたが、性格は人懐っこくて甘えん坊のまんま♡」

  1. カゴバックにすっぽり収まったぽんず。バッグや紙袋、箱の中など狭いところがやっぱり落ち着くようです。
  2. ヒモが顔面に思いっきり引っかかっていてもお構いなし。そんなことには動じない男、それがぽんず。
  3. でろーんと伸びてリラックス中。まるで人間のようなくつろぎっぷりにびっくりすることも(笑)。

3. タオ(♂・8カ月)
メイクアップアーティスト 早坂香須子さんちのネコ
編集部でも話題の麗しき美ネコといえば早坂さんちのタオくん! 「老子が説いた中国哲学で真理の意味を持つ道/タオが名前の由来。今年の7月、撮影でご一緒したモデルさんのご実家が野良の子ネコを保護し、里親を探しているとの情報が。母ネコから離れたこともあり、人を威嚇しまくる小さな姿にほだされて里親になる決意をしました」

  1. 青家オーナーの青山有紀ちゃんに教えてもらった、オランダ生まれのおしゃれなキャットタワーキャット・トラピーズを設置したら、気に入ってくれた様子!
  2. 仕事で疲れてしんどくなったとき、この顔で添い寝してくれます。
  3. 家に来てすぐはベッドの下に隠れていましたが、やっと慣れてきて探検し始めたころ。今はトイレについてくるほどべったりなので、まだ距離があったころも懐かしい。

photo:MAYA KAJITA[e7]
text:HAZUKI NAGAMINE

詳しい情報は、本誌116ページからの「私の好きなネコ。」にてご確認ください。

otonaMUSE 2月号の情報はこちら!

雑誌・ブランドから探す

  • 大人のおしゃれ手帖
  • GLOW
  • &ROSY
  • MUSE
  • InRed
  • sweet
  • リンネル
  • SPRiNG
  • steady.
  • mini
  • smart
  • MonoMax
  • 田舎暮らしの本
  • kuraline
  • 宝島社STORE
  • オススメ
  • カルチャー
  • その他

treasuresを購読する

Twitterでフォロー

@treasurestkj

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読